デリシャス・ダイエット♪

ichigo

トロントは赤く愛らしいオンタリオ・ストロベリーの出回る季節となりました♪

イチゴと生クリームの組み合わせは王道ですね♪ さて、その生クリーム。

生クリーム

といわれて最初に連想する言葉は何ですか?ホイップ、それも不健康?

フランス人は75%が“ホイップ”、

アメリカ人は60%が“不健康”。

アメリカ人と比べると、フランス人は食べることに関して、ストレスよりも喜びを感じるそうです。なぜかというと、食べた後どうなるか、という結果ではなく、

食べているときのその瞬間を大切にするから

なんです。さすが世界3大美食国のうちのひとつであるフランス、食にかんしてぬかりのない態度、あっぱれです。

それに反して、世界一のダイエット産業国アメリカでは、無脂肪、無糖、成分調整などの加工過程を経た食品が日常にあふれています。まずそういうものは大抵おいしくないし、食べ物を食べた気がしなかったり、なんだか落ち着かない気分になったりします。

でも美味しいものだけ食べてたら、太るんじゃないかって?

いえいえ、そうでもないんです。フレンチ・パラドックスといわれる現象があります。実はアメリカよりもバターの摂取量が4倍高いフランス。しかし、それなのにアメリカと比べると国民の心臓疾患率は7割、肥満率はほぼ半分、そして健康で過ごす一生の長さもほぼ3年も長いのです(平均72歳。ちなみに世界トップは日本の75歳。)

何が違うかというと

食事の量と質と時間

なんです。

少量、良質、まったり。

つまり、量より質。

フランス同様、日本も美食大国ですから、やはり食に関するこだわりが違います。毎日いただくものですから、やっぱり美味しい物、が基本ですよね(^^)。養生訓の心にもあるよう、

季節の旬のものを新鮮なうちに、感謝の気持ちとともに楽しみながら腹八分目で頂く

だからこそ、

美味しい物=健康的

しかも人々と分かち合うからこそ食べ過ぎることもなく、さらに嬉しい気持ちでこころもたっぷり満たされますね♪

人にとって食べ物は単なる栄養エネルギー源だけではなく、気持ちの上でも、文化的にも、人間関係やスピリチュアルなつながりなどにおいても多様かつ重要な意味が含まれています。だからこそ、美味しいもの頂くということは、その快感を5感を通して楽しみ、体だけでなくこころやたましいや人々とも調和・共鳴しながらまさに

生きている喜びを味わうこと、

なのではいでしょうか? それって、まさにデリシャス・モーメント

これからの季節は果物や野菜が太陽の光で甘~くおいしくなる季節です。ぜひ、大好きな美味しいもの、ちょっぴりこだわって体も心もうれしいまったり時間をお友達や御家族とたっぷり味わいながら共有されてみませんか?生きている喜びに満たされこと間違いなし!?

いつもありがとうございます。

こころより愛と希望と感謝の気持ちを込めて。

Comments are closed.