私たちの美しい命のご円(縁)♪

egg

トロントでは今週末はイースター(復活祭)なので一般的に世間は連休です。私はたまたま通りががった近所にある教会でミサが行われていましたのでついでに参加してきました。イギリスのエリザベス女王がカナダ訪問の際には必ず寄られるというこの教会、St.James Cathedralは建築もとても素晴らしく、ステンドグラスを通して美しい色合いの光が差し込む中、賛美歌とパイプオルガンの重厚な音に包まれ神秘的な午後のひとときを過ごしてきました♪ 復活祭はキリスト教において重要な日であり、信仰上、絶食をしたり、食事制限したりする習慣もあります。

現在、わたしも実は患者さんと一緒に食事療法に取り組んでいます。春という季節はいろいろなものが生まれ変わり再生する時期なのでデトックス(解毒)や、リセットするのに丁度よい時期でもあります。人間の体は本当によくできていて、常に生きている状態をそのままキープしているようですが、本当はいろいろな部分で生死のサイクルを繰り返しています。例えば、腸内環境は毎週、お肌は約28日、赤血球は約120日、骨格は約10年などのサイクルで生まれ変わっています。だからこそ、定期的にメインテナンスしたり、リセットすることによっていらないものを排除し、大切なものを取り込んでいく、そうすることが

体の中からも外からも生まれ変わること

につながります♪

そして聖書にもやっぱり

”人は誰でも生まれ変わることが出来る”

と語られていますから、まさにその通りなんですね~♪

そして東洋医学における五行説からしてもやっぱり春という季節は成長と発達を促す生まれ変わりの時期であり、それをサポートするための以下のような関連事項があげられます。

  • 臓器:肝臓
  • 嗜好:酸味
  • 色:緑(青)
  • 感覚:視覚(目)- 涙
  • 感情:怒り

肝臓はホルモンなどの生成や解毒機能を担う非常に大切な臓器でありこの時期に活性化されます。感情的な毒素であるストレスなどに敏感になりイライラしがちになるのもこの時期の特徴です。ホルモン生成もつかさどる大事な器官ですので生殖器官関連や不妊などの慢性的症状の改善に取り組む方にも最適です。感動する映画を見ながら思い切り泣いて発散するのもよいでしょう。また緑色のものや酸味のあるものを適度に生活に取りいれることによってこれらの機能をサポートすることが出来ます。そう考えてみると自然は素晴らしいもので、暖かくなると緑が芽生えてきますし、柑橘系のものや酢の物などさっぱりしたものが美味しく感じるようになりますね。肝臓をサポートしながら浄化しつつ、さっぱりすっきりとこの春を過ごすのに朝のお水一杯にレモンを絞って一日をスタートしてみませんか?

さて、もちろん食事療法からホメオパシー、そして心理療法、鍼灸治療、運動から睡眠などいろいろなデトックス法はあります。解毒というのは体だけではなく、こころ、たましい、そして人間関係などにおいて行うことが出来ます。さて、それでは誰でも出来る一番簡単な生まれ変わり方法はなんだと思いますか?

それは。。。

呼吸

です。

そうです、いつも私たちがしている呼吸です。人の命は生まれた瞬間に泣き叫びながら息を吐き出す事に始まり、息を吸い込むことによって臨終を迎えます。呼吸をしているということはこの生死のサイクルを毎数秒常に繰り返していることであり、その度に私たちは生まれ変わっているんですね♪

KlimtGustav-ThreeAgesofWoman1905

生死

というのはまったく反対もののようでいて全部つながっているひとつの円上での点にしか過ぎず、その命の輪はずっと回り続けているようです。そして大きさも向きもスピードもいろいろと違っていながらも私たちはみんなそれぞれ美しい命の円をもっています。その輪が回りながらひとつひとつ特別な輝きを放っています。また、その素晴らしい”ご円”の輝きが交じり合ったり重なったり、繋がったりしながらさらに美しさが増していく瞬間、それが一期一会となる”ご縁”でもあり、まさにデリシャス・モーメント♪ ではないでしょうか (^^)

こうやって皆様とのご縁を頂戴しておりますことにとても嬉しく思います。これからもさらにデリシャスの輪が広がりみなさんがゆったりと深呼吸をしながらたっぷりと美しい輝きに包み込まれますように。。。

いつもありがとうございます!

心より愛と希望と感謝の気持ちを込めて。

真美

Comments are closed.