たっぷり豊かに心の栄養♪

lilly私はお花が大好きです。四季それぞれに様々な色や形のものがあって本当に心が豊かになります。

この、心の豊かさ、言うまでも無く、もちろん健康にとてもよいんです。

健康、といえばもちろんバランスの取れた食事、適度な運動と十分な休息は欠かせない事項でしょう。しかし、同様に、またはそれ以上に私たちの健康にとって大切なことがあるんです。

マインド・ボディ・メディソン(ホリスティック医療)を推進し、“Mind over Medicine(医療を超えるマインド)”の著書でもあるDr. Lissa Rankinはこういっています

私たちの身体が私たちの生活を作り上げることはしません。身体が私たちの生活の鏡なのです。”

…私たちが日々の生活をどうやって生きているのか、それが私たちの身体を形付けます。ということは、普段の生活に、からだの栄養だけではなく、

心の栄養になるもの

も、大切ですね♪

病は気から、といったものですが、実際、私たちの心は自己治癒能力のスイッチONとOFFを制御することがわかってきています。Dr.Rankinの本の中にはその自己治癒力の存在と心との関係を証明している多数の科学的臨床実例が挙げられています。素晴らしい事実は私たちみんなが必ずその自己治癒力を備えていることですね(^^)

私の大好きな貝原益軒の「養生訓」は「心は体の主人である」とし、心身、気ともに養生する生活を勧めています。なぜなら、人にとって、ただ長生きするだけでなく人生を味わい楽しむことが大切である、からです。

あなたにとって心の栄養になるものとは何ですか?

あなたをわくわくさせてくれたり、ほっとさせてくれたり、嬉しい気持ちにしてくれるもの。または、一緒に泣いたり、溜めてきた思いを流せるものだったり、おなかが痛くなるくらい笑えるものかもしれません。

ちなみに、私にとってはお花と音楽は欠かせません。そしてラッキーなことに、先日トロントのmusic gardenにて無料野外コンサートにいって参りました。心地よい夏のそよ風が吹き、咲き誇るユリの芳しい香がただよい、ちょっともの悲しいアイルランドのケルト音楽の歌声とバイオリンの音色につつまれ、とても心豊かになるひとときでした。まさにデリシャス・モーメント

ぜひ、みなさまの夏もたくさんのデリシャス・モーメントで楽しまれてくださいませ!

心より愛と希望と感謝の気持ちを込めて。

真美

Comments are closed.