そのままの美しさ♪

Raining leavesトロントはきのうは度々の雷雨に見舞われました。皆さん大丈夫でしたでしょうか?

ネイティブ・インディアンの教えによると、雷雨(サンダー・ストーム)のときというのは

“サンダー・バード(雷鳥)が地上に舞りて邪悪なスピリット(精霊)を食べに来てくれている”

 

なんだそうです。

そう思うと、なんだか雷が鳴って雨がたたきつけるように降っているなかでも、

見守られていて、しかもいま浄化されてるのね~♪

と、ちょっと嬉しく楽しくなるのでした。一度はお散歩へいくのもためらいましたが、弱まったタイミングに出発!そうすると砂浜はぬれているのに乾いているときよりも暖かくてしっとりとして歩く一歩一歩、足の裏を通して大地に包み込まれるような快感…(^^)幸せ~!

「養生訓」や仏陀の教えなど歴史や宗教的にも、心理学や量子物理学などのサイエンス的にも、も共通していわれていることがありますが、それは

心の持ち方

です。

それは、いつもにこにこお天気でなくてはいけない、というのではなくって、雨が降っていようとも、雪が降ろうとも、風が吹こうとも、雷が落ちようとも、ありのままを受け止めて、そのなかにまた喜びや美しさを見出し味わえることかもしれません。宮沢賢治氏のあの詩を思い出しますね。

まさに、それってデリシャス・モーメント

特に、すでに日本人には洗練された、侘びさびの美的感覚が備わっていますから、そのままで素質たっぷりなんです。嬉しいですね??

今日の朝焼けはもやがかかってピンクでロマンチック♪ どうぞ、今日も素敵な一日をたっぷり味わっておすごしくださいませ!

心より愛と希望と感謝の気持ちを込めて。

真美

Ps. Facebookにて今日の朝日や日々情景を写真にてシェアしておりますので良かったらぜひご覧くださいませ!

Comments are closed.