私の愛するピアノちゃん♪

My baby

 

私の実家には私のたった一つの嫁入り道具になるであろう、愛するピアノがあります。

昔から両親のおかげで楽器に親しんできたこともあり、音楽のおかげで乗り越えてこれたことがたくさんありました。中でも16歳のとき単身で言語も何もわからずアメリカにわたったときは、まさに

心のよりどころ

それが私にとっての音楽でした。

言葉が話せなくても音楽をしていたのでつながれた人々、事柄がたくさんありました。まさに

音楽は国境をこえる!

です。そして何よりピアノやフルートを演奏しているときって、どこかにいってしまっているようなんです。そう、その国境も越えちゃうみたいです。え、大丈夫かって?(苦笑)?いやいや、大好きなことをしているときって“我を忘れる”感覚で夢中になっていることありませんか?または、たいしたこともなかったのにのめりこんでしまうこととか。

それは心理学用語で

「フロー状態(忘我の境地)」

と呼ばれています。アメリカの心理学者ミハイ・チクセントミハイが提唱している概念で、人間があることをしているときに、極めて高度に集中していて時間を忘れ完全にのめりこんで、価値あるものを作り上げようとしている状態です。そして私たち人間は、そこに幸せである価値観も感じます。なぜかというと、それは自分の中にある観念だったり、熱い想いや、積んできた経験などとしていることが一致しているからではないでしょうか?そうだとすると、その一人ひとり独特のたましいの美しい輝きを味わっている瞬間、それがフロー状態で、まさにデリシャス・モーメント”♪

あなたにとってどんなデリシャス・フロー状態がありますか?

心より愛と希望と感謝の気持ちをこめて。

真美

Comments are closed.