癒しの温泉にて読書♪

とてもありがたいことに年末年始は日本の実家に帰省中です♪

毎回きまってすることはいろいろあるのですが、絶対なのは母と一緒に行く温泉。長い年月をかけて堆積された海草が溶け出したなんとも効きそうなコーヒーのような琥珀の色のお湯です。ひざを痛めている母は少なくともここ十年はほぼ毎日の様にせわしく通っては、何時間も癒しのひとときに浸っています。片田舎の鉱泉なので大抵はほぼ貸切の状態。自分にあった癒しのメンテナンスを見つけた母はラッキーですよね。そしてそのおこぼれ(?)にあずかり一緒に温泉に行ける私もラッキーです(^^)そして、これが母と私の恒例母娘タイムでもあったりします。心も体もぽかぽか、とっても幸せ~気分でゆったりとリラックス。そして大地からあふれるエネルギーに身も心も任せ、ところどころで親子の何気ない会話。それ以外は湯気に包まれながら湧き出すお湯の流れる音だけが延々と続きます。大切なひとと一緒にすごす心と体とたましいがつながる貴重な時間をさらに分かち合うことで楽しく美しく嬉しく癒される、まさに私のmy delicious moments, デリシャス・タイムでもあります♪

2012年も後数日です。あなたはどのようなデリシャス・タイムをすごされていますか?

おまけ:ついでに言うと、母はかなりの温泉エキスパート(?)で長湯ですので私はあらかじめ本持参です(苦笑)。今回はいきなりこんな本を読んでみました。日本語の本はやっぱり、すっと沁みこむ力があるようです。

tea book

Comments are closed.