音楽療法

「音楽とは精神的なものと肉感的な生命の間の仲裁人である。」 

~ルートヴィヒ・ベートーベン

2011-08-22 21.15.56音楽療法は、聞くことや歌ったり演奏することを通して、音楽の持つ生理的、心理的、社会的効果によって心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の向上、行動の変容などをはかることを目的とする医療法です。音楽療法の効果は立証されており、理学リハビリテーションやリラクゼーション、自己認識・感情表現、そして個人的な学び/能力開発や発達の促進などに有効です。感覚のレベルから癒しのプロセスにアプローチし、特にストレス緩和、痛みの軽減、感情的な解放、及びより深いリラクゼーションの有効性向上のために音楽療法の要素を取り入れております。音楽とリラクゼーションとあわせて、催眠療法を導入することによってあなたの潜在意識レベルでの肯定的な変化もうながし、長期的効果持続を促進します。